2011年07月25日

動物のお医者さんも大変そう

犬を飼いはじめて、動物病院に行くようになってから、動物の医師っていうのは大変なお仕事だな〜って思いました。

人間でいうと、まだおしゃべりできない乳幼児を専門に診る医者みたいな感じです。
言葉を話せない動物を診るのって、その症状からいろんな可能性を読み取って、最終的な病名にたどり着くわけですよね?
まあ人間でも病気の種類は様々なので、「おなかが痛い」一つでも様々な可能性を考える必要はあると思いますが、動物の医師は犬や猫だけでなくほかの動物も見るわけですから、本当にいろんな知識を持っていないといけないんだろうな〜。

徳島の看護師求人なんかは今バブっているみたいですね。動物病院のアルバイトさんには関係ない情報ですけども。

ほんと、動物と話ができる機械があればいいのにな。
そうすれば、犬のしつけもずい分楽になるのに!?
でも文句もたくさん言われそう(汗)。
posted by hiro at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。